フリーローンの利息の高さについて

銀行のローンと比べて、消費者金融のローンのほうが高金利なのは、一体どうしてでしょう。フリーローンは、消費者金融会社のキャッシングサービスの一般的な形です。フリーローンは何がフリーなのかというと、使い道がフリーつまり自由という意味です。基本的に、銀行の融資は借りたお金の使い方を契約時に明記しているものです。銀行は、何に使うお金なのかも含めて審査し、借り入れ金額や利息を決定します。住居を買うために住宅ローンを組む場合は、金利は低めに設定されています。これに対して、起業に必要なお金を融資するなど、返済が不能になる可能性があると金利は高くなります。借りたお金をどうするのかによって銀行は貸付条件を決定しますが、フリーローンは何に使ってもいい分、金利はやや高めです。住宅ローンの利息などは1%台ですが、フリーローンだと消費者金融では20%弱になってしまいますが、これはとても高い利息と言えます。消費者金融会社からお金を借りて、好きなように使えることがフリーローンの良さですが、返済が保障されにくいサービスです。また、消費者金融会社から融資を受ける人の場合、金銭的に困窮している人が少なくないので、返済不能リスクが高くなってしまいがちです。フリーローンは高い金利で融資を受ける金融サービスですので、利息を節約するためには、早め早めに返済していくといいでしょう。

無担保ローンを利用する際のメリットとデメリットについて

もしも無担保でローンを使うことにしたなら、いい点だけでなく、気をつけたいことも知っておきましょう。担保を用意せずとも、借り入れができるローンのことを無担ローンといい、様々な場面で利用されています。ローンの申込みをする時に、担保にあてるための土地や車がない人でも、融資が受けられます。クレジットカードに付帯しているキャッシング機能も、担保を必要とせずにお金を借りることができるという意味では、無担保ローンといえます。銀行や、消費者金融会社も無担保ローンを扱っているところは多いので、簡単に申込みができます。無担保ローンの強みは、担保なしでお金が借りられることだけでなく、審査結果を待つ時間が短いことも挙げられます。審査が済むまで申込みから1時間とかからないという金融会社も多くなっています。とはいえ、金融会社サイドからすると、無担保で融資を行うことは、万が一の貸し倒れ発生時のリスクが大きいものです。ローンを利用する側からすれば、金利が高いことは歓迎できないことですが、金融会社からすれば返済不能リスクを考慮したためなのです。担保があるローンと、担保がないローンとを比較すると、金利の差は歴然です。もしも、無担保のローンを利用する時には、金利が高いものだと認識しておくことです。無担保でローンを組む時には、個人の信用の度合いによって借入金額が決定されます。そのため、審査の段階で申込み者の年齢、勤務歴、仕事の内容、年収、家族構成など、詳細にわたって確認されることになります。無担保でローンを借りようとしても、過去のローンをきちんと返せていない場合は、審査でOKが出ないことがあります。

融資額が足りない時に役立つ無担保ローン

新たに会社を始めたいという時には、ある程度の資金を準備しなければなりません。起業が失敗した時のことを考えれば、自己資金で全額準備できたほうがいいですが、基本的にはローンにより資金をつくります。もちろん、金融機関もリスク対策をせずに融資を行うことはありませんので、担保がなければ借りることはできません。事業資金を用意するために担保を提供してローンを組んだとしても、お金が足りないという場合も少なくありません。親族や、知人に融資を募り、金融会社で借りた金額だけでは足りない分のお金を工面しようと八方走り回っているような人もいるでしょう。金融機関のローンの中には、無担保で融資可能なところもあり、どうしてもという時は借りることが可能です。ただし、無担保でローンの申込みができる時は、銀行融資と比較するとどうしても高金利になりがちです。できれば高金利での融資は受けないほうがいいですが、無担保でお金を借りることができれば、そのお陰でできることもあります。今後すべきことの目処が立っており、期日までの返済ができる状態になっていれば、今の時点での借り入れは悪い話でもありません。開業や開店というと、綿密に事業計画を立てた上で、銀行から融資を受けて事業を開始している人がほとんどでしょう。実際にやってみたら、思い描いていた通りに進めることができなかったり、損が膨らんで、対応が後手に回ったりします。根本的な対策は一息ついてから行うとしても、今はとにかく補填を埋めるお金が必要という時は、無担保ローンが頼りになります。